作品紹介

Description of works

1979年7月21日 公開

  • 団鬼六 縄と肌

  • 団鬼六 縄と肌

    主演
    谷ナオミ
    出演
    宮下順子/山科ゆり/橘雪子/青山恭子/山本昌平/高木均/椎谷建治/小山源喜/錆堂連/兼松隆/溝口拳/水木京一/庄司三郎/浜口竜哉/大平忠行/小見山玉樹/佐藤了一
    監督
    西村昭五郎
    脚本
    松本功
    解説
    谷ナオミ引退記念作品! 陶酔の責め秘技から、SMゾーンの極致へ…。 諸肌脱いでつとめます ナオミ最後の妖花の乱舞!
    あらすじ
    昭和の始め、とある賭場で、女胴師緋桜のお駒(谷ナオミ)の引退披露の花会が開かれていた。お駒は、この花会を最後に、堅気となって、板前の健三と世帯を持つことになっていた。しかしそんなお駒に恨みを持つ石岡一家の手下によって、健三が脇腹を刺されて絶命してしまう。やがて二年の歳月が流れ、お駒は姿を現す。以前、お駒がお世話になった親分・榊は対立する石岡一家により殺害されていた。やがて、榊原の娘・雪代も石岡たちに騙され連れ去られる。雪代は、石岡のサディスティックな地獄の餌食となっていた。お駒はそれを聞くと、単身、石岡のもとへ殴り込みをかけるが、さすがのお駒も石岡たちに捕まり、折檻部屋に入れられ人間とは思えない責めをうけるのだった・・・。
    販売・配信

TOPへ戻る